莫大なビルの費用は省エネすれば抑えることが可能

工事

ビルの修繕タイミング

建物を維持する上では修繕工事は欠かせませんが、いずれは大規模な修繕工事も行う必要があります。大規模修繕工事の費用は1000万円単位の費用が必要になるため、建物を作った時点で計画を立てておく必要があります。

作業員

社員にも恩恵を

企業のコスト削減は利益アップに直結します。ただし社員の仕事への意欲が低下しないよう、成果の恩恵を少しでも受け取れるようにしましょう。休憩時の照明ダウンは仮眠など休息を取りやすくなります。FAXはインターネットFAXの利用で回線不要になります。小さなことを社員一丸で取り組めば、大きな成果となるのです。

高層施設のエネルギー抑制

ビル

エネルギーの消費を制限

新しくビルを建築しようと考えているならば、設計の段階で省エネ計算を実行していかなくてはなりません。ビルの省エネは都市計画として重要な課題となっており、国と自治体から厳しく規制されているのです。しっかりと省エネ計算されていないビルが地域で信頼を得ることは、とても難しいでしょう。ビルを省エネ計算されたものにする方法は簡単なものであり、省エネ計算を専門とする業者に設計図を手直ししてもらえばいいのです。そうすれば図面の段階で、建てられたビルはエネルギーを大きく消費することの無い施設になります。都市計画としては都市全体の消費電力は出来るだけ抑えていかなくてはなりません。そのためには最も大きくエネルギーを消費して熱を出すビルを、適切に省エネ計算していく必要があるのです。これらの対策を怠った結果がヒートアイランド現象であり、近年の電力不足となっています。こうした省エネ設計を行っていくことは大きなメリットがあり、国と自治体、そして地域からの信頼を確実に得られるのです。設計が適切であればビルそのものの耐用年数も延ばしていくことが出来ます。メンテナンスにかかる費用も大きく抑えられるので、長くそのビルを運用していくことが出来るでしょう。省エネというと地球環境のイメージがありますが、都市自体の消費エネルギーを抑えるという意味もあります。年間コストも減らせるので、大きなビルはもちろん、あまり高くは無い横に大きいビルにもメリットはあるのです。もし、法人企業で自社ビルを建設する場合には、省エネを意識して建設することをおすすめします。

工事現場

マンションのメンテナンス

マンションは建ってから12年程度で大規模修繕が必要になります。大規模修繕の費用は一般的に1戸当たり100万円前後と言われますが、マンションの規模や形状によって違います。修繕の費用を抑えるには、工事内容を見直すなど住人の工夫も大切です。