莫大なビルの費用は省エネすれば抑えることが可能

マンションのメンテナンス

工事現場

メンテナンスにかかる金額

マンションは施工から時間が経つほど経年劣化します。経年劣化に伴い、様々な不具合が出やすくなるので、マンションが建ってから12年から15年後に大規模修繕を行うことがすすめられます。マンションの外観は美しく、問題がないように見えても、破損しているタイルを補修したり、塗装したりする必要があります。また、侵食したり破損したりしている部分をリニューアルする、マンション内に雨水が入らないように防水工事をするなど、工事の内容は様々です。大規模修繕の費用は、一般的に1戸当たり100万円前後と言われます。例えば、50世帯が入居しているマンションの大規模修繕は5000万円前後になりますが、マンションの形状やグレード、更にマンションの大きさや築年数などによって費用は変わります。大規模修繕は、マンションの住人が毎月収めている修繕積立金によって支払われます。修繕積立金が少なく、大規模な工事を行う余裕がない場合は、工事内容を見直し、不必要な部分の工事を省くなど、費用を最小限に抑える工夫が必要になります。また、修繕積立金が足りない場合は住人が費用を出し合うこともあります。大規模修繕はマンションで暮らす人や、周辺の住民の安全で快適なために定期的に行うことが大切です。そしてマンションの経年劣化を遅らせ、住人の資産を守るためにも適正な費用をかけ、必要な場所を工事してもらうことが大切です。業者選びは慎重に行い、複数の会社に見積もりを見て決めることがすすめられます。